入浴をスムーズにする福祉用品の説明

入浴の際に役立つ福祉用品

日常生活での入浴は単に肉体を清潔に保つだけでなく、心のリフレッシュにもつながる大切な行為です。これは身体の不自由な方であっても同じこと。適切な福祉用品を利用することによって、安全で安心できる入浴ライフを実現できます。

車椅子で入浴する際に快適です

普段から車椅子を利用する方にとっては、入浴という行為は幾つもの困難が伴いがちです。浴室への段差をはじめ、スペース、浴槽自体の高さなど様々です。そこでまずは上手に福祉用品などを使って、車椅子ごと浴室へ搬入できる環境づくりから始めることが肝心でしょう。例えば、防水加工を施した水回り用の車椅子はとても便利で快適。脱衣所と浴室の両方で利用できるので、いちいち車椅子を乗降することなく移動が可能です。また座りながら浴室でも使用できるので、転倒防止にも役立ちます。もし脱衣所と浴室との間に段差があるのであれば、車椅子専用の浴室スノコを敷くことで解決。住宅改修工事をすることなく段差を解消できるので、経済的でもあります。

浴槽をまたぐ際の負担を軽減します

身体の不自由な方にとって、浴室の床から浴槽へ移動する際にネックになるのが浴槽自体の高さです。浴槽をまたぐという行為が危険なだけでなく、介護する側にとっても大きな負担になります。特に浴室スペースは滑りやすく、また寒暖差も激しいので、リスクが大きい場所でもあります。このような場合には浴室自体を改修することが理想ですが、物理的制約やコストの問題でなかなか難しいのも現実です。
それでもお手軽な福祉用品を活用することで、浴室内でのリスクを軽減することは可能です。例えば、誰でも簡単に取り付けられる浴槽台や、浴槽用手すりがあれば、経済的コストや手間ひまを掛けることなく、浴室内でのリスクを軽減できます。そのうえ浴槽台や浴槽用手すりには、滑り止め機能や、高さ調整機能の付いたものもあるので、目的に合わせた選択が可能です。

浴槽へ快適に浸かることを可能にします

身体の不自由な方がスムーズに浴槽へ入れたとしても、いつでも出たい時にスムーズに出ることが出来て、同時に介護する側の負担が減らなければ意味がありません。特に、湯船から出る際の「支える、立つ、またぐ」という一連の動作は、健常者であっても意外と負担の大きいもの。身体の不自由な方であればなおさらです。また、滑りやすい浴室内はリスクが高いので充分な注意と配慮が必要になります。
このような負担やリスクの軽減こそ、福祉用品を上手に活用することが肝心です。そこでおすすめは昇降機能付きのバスリフト。このリフトを浴槽内に設置するだけで、湯船での立ち座りを安全にスムーズにサポートしてくれます。また、リフトは自然なスピードで上下する電動なので、介護する側の肉体的な負担も軽減できます。