トイレ周りの福祉用品について

QOL(生活の質)にも直結!トイレで役立つ福祉用品

言うまでもなく、日常生活の中でトイレへ行くことは必要不可欠なことです。しかし身体の不自由な方にとって、トイレに関する問題というのは、QOL(生活の質)に直結するためとても深刻。そのため福祉用品の役割がとても重要になります。

トイレでの立ち座りの負担を解消

足腰や腕力の衰えた方には、トイレでの立ち座りの負担はとても大きいものです。そのようになる一因には身体そのものの他に、トイレ周りの環境もあります。便座の高さが利用する者にマッチしていなかったり、トイレ自体が和式であったり、またはトイレ室のスペースが狭すぎたりと、身体の不自由な方にとっては全て障害となります。
とはいえ、これらをすべて解消しようとすれば、物理的制約や経済的コストから現実的にはなかなか難しいもの。
しかし諦める必要はありません。最近では工事不要で設置が簡単な福祉用品も、かなり充実するようになりました。例えば、乗せるだけで便座が高くなるソフト補高便座や、和式便座の上にかぶせるだけで洋式便座に早変わりできる両洋式便座など、手間ひまや経済的な負担の少ない福祉用品もあるので検討するといいでしょう。

トイレでの転倒を防止

スペースの狭いトイレや、大きな補助具を搬入できないトイレでは、身体の不自由な方が最も転倒しやすいシチュエーションの1つと言えます。
このような場合、壁や床に直接的に手すりやストッパーなどの補助具を取り付けたり、あるいは大規模な改修工事でトイレのバリアフリー化をすることも考えられます。しかしこのような場合でも、やはりネックとなるのが物理的制約やコスト。介護保険の適用範囲も限定されているので、補助を受けても大きな費用になってしまいます。また、賃貸住宅の場合には安易に改修工事もできません。
そこでおすすめなのが、工事不要で設置できる福祉用品の補助具。例えば、跳ね上げ式の肘掛けの付いた洋式用フレームであれば、設置も簡単。便座の左右から挟むスタイルで設置するので工具も不要なうえ、壁や床に穴などを空ける必要もないので、賃貸住宅の方でも手軽で安心です。

夜中のトイレの心配を解消

お年寄りなどの場合には、夜中にトイレへ行く頻度の高くなるケースが多々見られます。行きたい時に直ぐに行ければいいですが、身体が不自由な方の場合にはそうはいきません。このような対策として考えられるのがポータブルトイレですが、夜中など暗い場所で体位を動かすのは危険ですし、本人も不安を感じて排せつに支障をきたすことも考えられます。
この点、ベッドからポータブルトイレへの移動をスムーズに行える福祉用品があります。通常は肘掛け付きのポータブルトイレですが、取り外し可能な肘掛けなので、排せつしたい時にはベッドからそのまま体をスライドさせて便座へ移動することが可能です。また、ベッドから便座の隙間を埋める専用ボードが付属しているタイプもあるので、併せて検討することをおすすめします。