シチュエーションごとに福祉用品を説明

シチュエーションごとに便利で快適な福祉用品

身体の不自由な方が生活していくうえで、自分の身体の一部分となってくれる福祉用品はとても大事な存在です。そして、福祉用品もそのような方々のニーズに合わせて、日々進化を続けています。ここではシチュエーションごとに、便利な福祉用品について説明します。

ベッド周りで便利な福祉用品

ベッドで過ごす時間が長い身体の不自由な方にとっては、ベッド周りの利便性や快適性は重視すべき点です。特にベッド周りでの事故には、介護する側にとっても心配なこと。そんな時には適切な福祉用品や介護用品を上手に利用することで、事故を未然に防ぐことが可能です。
例えば、ベッドから立ち上がる際の負担やよろめきを避けるには、足のかかとがしっかりと床につく低床タイプのベッドが適切です。また、寝返りの際の転落防止には、ベッドに取り付けるサイドレールがあると安心。サイドレールには立ち上がりをサポートしてくれる、グリップ付きのものが理想的です。
寝返りさえ出来なくなった方にとっては、床ずれは深刻な問題です。そのような方には自動で圧迫部位を移動してくれるマットレスや、通気性を重視したマットレスを検討するといいでしょう。

屋内移動で便利な福祉用品

身体の不自由な方でも屋内の移動は、日常の基本的かつ必要な動作の1つです。食事や入浴、トイレなどへの移動は必ず必要だからです。そのため、福祉用品や介護用品の役割がたいへん重要になります。
まず身体の不自由な方の屋内移動では、布団からの立ち上がりからネックになります。身体の弱い方にとって、布団から立ち上がる動作はとても負担が重いからです。そこで、布団のサイドに据え置くだけの簡易型手すり等を検討するといいでしょう。この手すりはコンパクトで、設置にも工事などは不要なので、介護する方も少ない負担で済みます。
さらに問題になるのが廊下や階段での移動です。屋内中に手すりを取り付け、さらにエレベーターまで設置するのが理想ですが、物理的限界や経済的負担が大きくなかなか難しい点があります。そこでおすすめなのが、工事も不要でスペースも選ばないタイプの手すり。床と天井を突っ張って固定するので安定性も抜群です。

屋外移動で便利な福祉用品

身体の不自由な方でも日常生活を送る以上、外出することは必要不可欠です。ショッピングやカルチャー、知人や友人との交流などで外出することは度々あります。そのような方が安心・安全に外出する際にも、やはり福祉用品や介護用品の役割が大きくなります。
まず身体の不自由な方が外出移動で心配なのが転倒。階段や縁石の段差をはじめ、坂道、狭路など、歩行移動の障害となるシチュエーションが沢山あります。そのため福祉用品の選択の際は、何よりも転倒を防止するという観点から選ぶといいでしょう。例えば、杖よりも歩行車の方が安定性や機能性にも優れているのでおすすめです。ストッパー付きのものであれば、坂道でも安全なのでさらに理想的。また、玄関の段差のせいで車椅子の出入りが困難であれば、専用の昇降リフトの設置を検討するのもいいかもしれません。